凄すぎるレスベラトロール

あなたは、「フレンチパラドックス」という言葉をご存知ですか?

 

フレンチパラドックスというのは、フランス人は、喫煙率が高く飽和脂肪酸が多い食事を摂っているのにもかかわらず心臓疾患が少ないために生まれた造語です。フランス人は、アメリカ人と比較して4倍のバター、1.6倍のチーズ、3倍の豚肉を食べているそうです。総脂肪酸の摂取ではアメリカ人を少し上回る程度ですが、飽和脂肪酸の摂取量がとても多いのです。

 

にもかかわらず、35歳から74歳の虚血性心疾患による死亡者がアメリカで10万人に対し115人のところ、フランス人は10万人に83人というデータがあります。

 

それは、「赤ワインの消費量が多い=ポリフェノールの一種であるレスベラトロールの効果」
であると言われています。

 

ヨーロッパの研究チームが肥満男性にレスベラトロールを投与したところ、
カロリー制限をしたのと同じ程の効果を得られたというデータがあります。

 

レスベラトロールを30日間服用してから「エネルギー消費」「代謝率」「血糖値」「血圧」「肝脂肪」を測定すると、どれも数値が改善したといいます。ここにレスベラトロールが不老長寿の薬と言われる要因があるんですね。

 

健康的な食生活を送ることは大切ですが、レスベラトロールは、
脂肪の多い食品を摂取しながら健康的な体作りを可能にしているとも言えます。

 

ただ、レスベラトロールについての研究はまだまだ始まったばかりで、
臨床結果が少ないために、今後も多くの調査が必要であると言われています。